【一歩マガジン】いくら必要ですか?!『住宅購入の頭金』

『いくら必要ですか?!』

マイホームの資金計画についてお話させて頂くと、

必ずと言っていいほど質問される「頭金(自己資金)」の質問です。

 

結論から言ってしまうと、「頭金が0円でも購入可能です」となるのですが、

当然、頭金が少なければ「借り入れ金額が多く」なりますし、

頭金が多ければその分「借り入れ金額が少なく」なります。

それは当たり前なのですが、今は「史上空前の超低金利」時代なので、

「1円でも多く頭金を用意した方が良い」とは単純に言い切れないケースもあります。

 

一般的にはよく、「物件価格の2割程度の頭金があるのが良い」という内容を見聞きしますが、

それは一昔前の住宅ローンは「物件価格の8割程度まで」といった融資条件の時代もあったからです。

現在は一定の条件(年収に対する返済比率等)を満たせば、

必要金額の全額(物件価格+リノベーション+諸経費)を融資してくれるので、

「頭金0円」で購入し、現金は手元に残すか家具・家電の購入に充てることも出来るわけですね。

 

 

頭金0円のメリット①「時間を買う」

これから「マイホームを買いたい!」と考えている方の中には、

「2~3年かけて頭金を貯めてから」というお考えの方も沢山いらっしゃると思います。

もちろん、誰もが賛成する考え方ですし、とても素晴らしいお考えだと思います。

一歩でもそれ自体を否定するつもりは全くありませんが、

例えば、「3年かけて100万円を貯金」するとして、

その3年間に払う「現在の家賃」はいくらになるでしょう?

 

例えば、現在家賃10万円の賃貸に住んでいるとします。

その場合、3年間で払う家賃の総額は「3年(36か月)×10万円=360万円」です。

100万円の頭金を貯めるために360万円の家賃を払うのです。

(*実際には2年に1回の更新もやってきて、更に家賃の1か月分支払いますね)

これって得なんでしょうか??

お金は増えたんでしょうか?減ったんでしょうか?

また、3年後に購入するということは、住宅ローンの最終支払日も3年後になるということです。

 

それであれば今は「史上空前の超低金利」時代。

昔に比べて驚くほど支払う利息は少ないので、

今「頭金0円」で購入してしまって、

「ローンで時間を買う」という考え方が成り立つ場合もありますね。

 

頭金0円のメリット②「手元にお金を残せる」

マイホーム購入に手元にある現金を全て「頭金に投入」してしまうと、

例えば「新居に合わせて家具や家電を買い換えたい!」となった時に困ってしまいます。

もちろん、いざという時のために現金は持っていたいですし、

「超低金利の住宅ローン」に頭金を投入した結果、

それより金利が高い「カーローン」や「教育ローン」など、

その他のローンを組むことになってしまうと大変もったいないですよね。

その場合は「頭金0円」の方が得をするというケースも生まれます。

 

 

頭金0円のデメリット「返済額が増える」

借入額を増やすということは、当然に「支払額が増える」ということですね。

具体的には「支払利息」と「月々の支払額」が頭金を出す場合より増えることになります。

マンションの場合は、住宅ローンの他に「管理費・修繕費」も毎月支払う必要があるので、

「無理のない支払額」に抑える為には、「物件価格を下げる」必要がある場合も。

その場合、希望の条件を少し変更しなければならないなんてケースも生まれるかもしれません。

 

一歩のお客様で1番多いケースは?

一歩のお客様で頭金の一番多いケースは、

「諸費用分」を自己資金で賄い、「物件+リノベーション分」を住宅ローンで購入する、

というパターンがもっとも多い頭金の出し方になっていると思います。

何度も言うように、今は「史上空前の超低金利」時代。

その恩恵を最も多く受けられる住宅ローンの組み方を賢く選びたいですね。

 

 

「もっと詳しく知りたい!」と思って頂ける方は、

『【しっかり学べる基礎講座】知らなきゃ損する住宅ローンセミナー』

がありますのでお気軽にご参加下さい!

こちらで詳しくご説明致します!

 

 ↑   ↑   ↑   ↑

こちらをクリックしてセミナーページをご覧ください!

 

2020.06.18

 

 

イベント申し込みはコチラ

  • ご相談
  • 資料請求