【一歩マガジン】~無垢フローリング編③『針葉樹とは』~

プリントではない「本物」の木目、「本物」の木の感触。

せっかくならば「本物で」とお考えのお客様から大変人気のある「無垢フローリング」。

前回に続いて今回は「針葉樹編」の豆知識です。

 

代表的な樹種としては、「パイン」「ラーチ」「杉」「ヒノキ」などがありますね。

針葉樹は比較的成長が早く、まっすぐ伸びるので直材を取りやすい理由から、日本建築では昔から柱にスギやヒノキが使われてきました。

そのようなことから日本では、人工林としてのスギやヒノキの森林が多いので、針葉樹は皆様にもなじみの深い木ではないでしょうか。

(花粉の季節だけは見たくないという方も多いかもしれませんが・・・)

 

そんな中でも今回は「パイン」と「ラーチ」をご紹介したいと思います。

 

「パイン」(マツ)

 

パインはマツ科の針葉樹です。

「松」と言えば日本では大変お馴染みですが、松には大変多くの種類があり、無垢材として「パイン材」と呼ばれるものはほとんどが輸入材となります。

一歩で使用するパイン材としては「ロッジポールパイン」「レッドパイン」「ボルドーパイン」がなど多く、それぞれ産地や特徴に違いがあります。

ちなみに写真の床材は「ロッジポールパイン」で、ロッジ(小屋)のポール(柱)に使用されていたことからその名前が付きました。

 

パイン材は無垢材の中では比較的安価な材として流通量も多く、幅広く使われています。

木材はそもそも熱伝導率が小さいですが、その中でもパイン材は特に柔らかく、温かみがあり、体温を奪われることも少ないので、素足での生活がとても気持ち良いフローリングです。

 

また、針葉樹の方が広葉樹より香りが強いと言われていて、木の香りにはフィトンチッドという物質が含まれています。

このフィトンチッドは消臭や抗菌作用があるだけでなく、リラックス効果としての安らぎを感じることも出来ます。

部屋の中がまるで森の中にいるかのような、そんな素敵な癒しの効果が得られるわけですね。

 

デメリットは、柔らかさの代償としてキズが付きやすく、変色や変形もしやすいということ。

無垢材は天然の調湿作用として湿気を吸収したり放出したりしますが、その時に伸縮やそりが出やすいという特徴があります。

また、特にパイン材はキズが付きやすいので、「キズがついたとしても、それもあじだよね」という寛容な心が必要となります。

 

「ラーチ」(カラマツ)

 

ラーチはマツ科カラマツ属の落葉針葉樹。漢字では「唐松」と書きます。

針葉樹ですが落葉するという珍しい樹種です。

 

ラーチは針葉樹の中では比較的硬くて強度があります。

また、樹脂を多く含んでいるため、腐朽等に対する耐久性に優れ、建築用の構造材や合板などに多く使用されています。

見た目は黄金色で木目がとてもきめ細かく、木の持つ美しさと高級感をとても感じさせてくれます。

 

デメリットはこちらもパイン材とほぼ同様だと思います。

ただし、「針葉樹の中では比較的強度のある樹種」ということになりますので、

「木の柔らかさは欲しいけど、キズも気になる」という方は検討してみては如何でしょうか。

2020.04.17

 

 

イベント申し込みはコチラ

  • ご相談
  • 資料請求